会社概要

thought

 

最初に・・・

  私は、元大工であり建築会社の代表を務める父の会社を受け継ぐ2代目として2010年に代表に就任した。

  幼いころから遊具で遊ぶのではなく、トンカチや釘をもち創作物を造っていた。代表になった現在も、自ら手を動かし、家造りに使用する大切な部材の制作を手掛けている。偉大なる父の片隅で、小さい頃から建築業の全てを学び、趣味のサーフィンと言う自然を相手にするスポーツから得た経験を反映させ家づくりに挑んでいる。

 

 

家造りとは・・・

  形のないものだと考えている、だからこそお客様の家造りに参加できることがとっても嬉しくて、ワクワクしてくる。そんな家造りに対する私の心情は、形のない一つ一つの課題を乗り越え形にする事だ。

  当然だが、家造りとは形の無い所からスタートする。それは波とよく似ている。穏やかな水面はそよ風からさざ波ができ何千キロも旅してその姿を大きくしながら海岸にちかづき、波は美しい姿へ(形)と変えて行く。風向きや地形によって波の姿(形)は変わる。波が出来る原理と家造りはよく似ていると私は考えている。波が出来る要素は風が大切だが、家造りに置き換えるとお客様のご意見やご希望、ライフスタイル等の情報が風だ、お客様と重ねるディスカッションの中からお客様の風を見極め、ベストな追い風を吹かし最適な状態にまとめていく造り方が私のスタイル。

 

 

ミッション

  こんな発想で家つくりを行う私には2つの使命感を描き事業を営んでいる。

  1つ目はお客様が一生涯、豊かに成長できる家を造ること。家の一つ一つ、空間の一つ一つの環境がそこに住む人の脳に、その場の情報をインストールしている。その影響はその場に住む人の人生に大きな影響を与えていると考えている。例えば、無機質な素材や色合い、空間は人からぬくもりや生命らしさを奪い、豊かな環境を損なっていく。家には人生を豊かにする力も、そうでない力もあると考えている。住む人が豊かでいてほしいから、家は人生をつくる場所と考え私は特別な使命感を胸に刻み家造りを行っている。

  2つ目は街並みに良い影響を与えること。例えば海外や国内で旅行に行った先がステキな所なら、心が豊かになったり、安らぎを感じたり、感情に良い影響を与える。住宅も人の感情に良い影響を与えないといけない。住宅等の建造物も人の感情に影響を与えるからこそ家は住む人だけが良いのではない、と私は考える。町には人々の視線があり、その視線に入る住宅も人々に良い影響を与えなくてはならないと、私は強く思っている。

  私がこの業界で大切な一つ、と思うことは、住む人(お客様)建てる人(業者)視線に入った人々がその建物を見てが豊な感情にならないと、と思う。その家は視線に入った全ての人に影響を与えるから。だからこそ、誰の視線に入ってもホッとする様な豊かさのある家造りを心がけている。日本の未来に影響を与えると言っても過言ではない建築業は、私にとってワクワクするような、やりがいのある人生そのもので、ミッションはこれからも続きます。

 

 

商 号 豊木材株式会社
代表取締役 望月靖友
所 在 神奈川県平塚市南金目128-3
Model 神奈川県平塚市北金目2-23-23
連絡先 TEL:0463-50-5233
FAX:0463-38-4569
mail:info@yutaka-mokuzai.com
免許登録 神奈川県知事 許可(般-27)第81351号
事業内容 新築 / リフォーム / リノベーション / 国産・輸入建材販売 / 雑貨販売
加盟団体 財団法人 住宅保証機構
駐車場3台
小さなお子様がいても子育て経験のあるスタッフが一緒に遊びながらお話合いが出来るので安心です